空き家ビジネス
AKconsulting
転写、コピーなどは硬くお断りします。

テレワークはコロナ終息で元に戻る。と言う考えがありますが、私は絶対に戻らないと考えます。

ダイナミックプライシングが首都圏の鉄道運賃に導入する報道がその証左です。

ダイナミックプライシングが導入されると、社員の通勤手当を負担する企業は、通勤時間帯の分散やテレワークを推進します。

さて、2040年には2019年比で半減すると言う新設住宅着工数。

反面で、増え続ける空き家数は900万戸に迫り、新設着工10年分で今後も増え続ける予想です。

しかし、日本の総人口は2040年には2割程度しか減りません。

では、人は新築を求めなくなるのでしょか?

新築は斜陽産業→空き家ビジネスは成長産業と言えますが、では具体的にどのようにビジネス化出来るか?
テレワークがヒントになりそうです。

お手数ですが、情報はお役に立ちましたでしょうか?
参考になった 参考にならない よくわからない
氏名 メアド
自由記入欄