モデルハウスは日本初が満載
AKconsulting
転写、コピーなどは硬くお断りします。
◎おうち時間とテレワーク

・トヨタ自動車が社員のテレワークを「恒久化」すると発表しました。
・東京都心の事務所を解約してテレワークに移行し、集まる必要がある場合は貸し会議室を利用。月/数百万円の家賃負担を削減する企業が続出しています。
・新型コロナ感染症で新しい生活様式を「真剣」に見据えた「経営者の判断」が企業の「生死」に影響する時が来たと言っても言い過ぎではないのだと思います。
・こうした会社の「正式決定」により、「社員側」にも新しい動きが起きています。

テレワーク企業増で神奈川県三浦半島エリア不動産の問い合わせが増えています。
都心までの通勤は現実的ではないエリアは「地価が安く自然も豊か」と言うわけでこれから人気が高まりそうです。
私は、首都圏中央連絡道(圏央道)沿線の土地に注目しています。
(首都圏でありながら、土地・建物2000万円前後でマイホーム取得/余裕で楽しむ)

・そして住宅の「間取り」にも変化が出るはずです。
 →テレワーク専用の部屋が欲しい。
 →夫婦でテレワークなら2部屋あればベスト。
 →そうなると最低でも3LDK。
 →できれば4LDKが人気プランに。

・圏央道沿線の成田モデルは「時代を捉えた/日本初」を満載したいと思います。
お手数ですが、情報はお役に立ちましたでしょうか?
参考になった 参考にならない よくわからない
氏名 メアド
自由記入欄