収納のこと
AKconsulting
転写、コピーなどは硬くお断りします。

●住まいの収納事情
日本の住まいの床面積は、この10年で17m²(約5畳)も減少しました。景気がいいと消費が増えて収納が不足し、景気が悪いと住宅が小さくなりやはり収納不足となります。
住まいを造るとき、収納について真剣に考えてみたいところですが、限られた予算、限られた面積の中で収納の前に優先したいことがあるようです。
広いリビング、客間が欲しい、屋根のある洗濯干し場は必要、これからはテレワークの時代だから書斎、SOHO、主婦のワークスペースは譲れない。など
その為、トランクルームの利用は順調に伸びています。(グラフ参照)

トランクルームの市場規模推移

●誰も注目しなかった空間
地下室は、建築基準法の制限を受け、尚且つコストは地上の「2倍」と言われ、地下空間の活用は限定的です。例えば地上の建築コストが坪50万円なら、地下の建築コストは坪100万円のイメージで、これは躊躇しますし利用目的も限られます。
「フルスペック収納住宅」のWEB、シーン②でご紹介していますが、基礎下を活用した半地下の活用はいかがでしょうか? どんな家にも必要な基礎。この基礎を僅かな費用で設計変更すると、こんな空間が余れます。もちろん建築ノウハウが必要で、こんなアイデアを実行できるビルダーを選択したいですね。

お手数ですが、情報はお役に立ちましたでしょうか?
参考になった 参考にならない よくわからない 収納のこと
氏名
メアド
自由記入欄